美容師への道を歩む♪

美容師への道を歩む

美容師の給与ってどのくらいなの?

美容師というのは、お客様のヘアスタイルを作り上げるために技術力や想像力、流行を知るために情報収集能力が必要になってきます。また、お客様との会話は欠かせないため、コミュニケーション能力も必要になってきます。このように、様々な能力を必要とする美容師ですが、厚生労働省の調査結果によると、「平均月収21万円」となっています。

美容師の中でも職位が低い見習いやアシスタントの場合は、平均月収13万・17万円前後となっています。しかし、店舗によっては最低賃金になっていることもあり、講習費や研修費などを引かれてしまうと手取り6万程度になってしまうという話も聞かれます。

職位が上がりスタイリストになると平均月収20万・30万円となっており、ここでようやく美容師の平均となってきます。そして、一番上の職位である店長になるとさらに給与は上がり、雇われ店長なら35万円程度貰えるといわれています。自分で経営も行っている店長になると、さらに金額は上がり50万円程度といわれています。 ただ、これらの給与は地域や店舗によって大きく異なってくる事もありますので注意して下さい。

美容師がもらえる給与

早い段階で将来なりたい職業を見つけるのは、夢を実現しやすくなりますので、自分がなりたい職業を考えてみなくてはなりません。 しかし夢を現実にすることが出来たとしても、それで生活をしていくことが出来るかというのも、知っておくようにしたいものです。

例えば美容師になりたい場合には、どの位の給与をもらうことが出来るのでしょうか。 美容師の給与としては、他の職業に比べてあまり高いものではありません。 平均年収は、300万円いかないくらいですので、男性であれば家庭を持つ場合には今後の事を考えなくてはならないでしょう。

しかし美容師として雇われて働くのであれば、あまりいい給与をもらうことが出来ませんが、個人でお店を出して経営していく場合には、自分の頑張り次第で、どんどん売り上げを伸ばしていくことが出来るようになります。 どこまで収入を増やせるかは、自分の腕次第でもありますので、美容師の仕事はやりがいのある仕事と言えるでしょう。

注目サイト

永代供養墓を用意する
http://hojyo-e.co.jp/

Last update:2017/4/13

COPY RIGHT (C) Marumie Link ALL RIGHT RESERVED